精神対話士とは
HOME > 精神対話士とは > 他のカウンセラー資格との違い

他のカウンセラー資格との違い

精神対話士になるためのプロセスを知る前に、まず、精神対話士と精神科医、臨床心理士などとの違いを確認しておきましょう。目的は似ていますが、対象となる人々(クライアントや患者)に対するアプローチの方法が大きく異なります。

精神対話士は治療・精神療法を行ないません

精神科医は医療行為、臨床心理士は心理テスト,精神療法により問題を解決しようとします。一方、精神対話士は、クライアントの心に寄り添って、暖かな対話を通してクライアントの気持ちを受け入れていき、またクライアントの希望する場所へ赴いて行なわれるのも、医師や臨床心理士の治療行為と異なる点です。
精神科医や臨床心理士が治療を必要とする人々を対象とするのに対し、精神対話士のクライアントとなるのは「孤独感や寂しさを感じている人々」です。暖かな対話で人を癒し前向きに生きる意欲を取り戻していく支援をいたします。

臨床心理士について

心理的な問題を抱える人々に接して、精神的な問題点を明らかにし、心理的な指導や助言を与えます。「心理査定」といわれる診断を行ない、問題を解決するために精神分析や行動療法などの臨床心理学の専門的な技法を用います。臨床心理士になるには、大学院で心理学を専攻すること、一定の臨床経験を積むこと、認定試験に合格することなどが必要です。

精神面での援助を行うという点で臨床心理士と精神対話士は共通しますが、精神対話士は心理テストや精神療法を使って問題解決にあたりません。また精神対話士のクライアントとなるのは、原則として一般的な精神生活を営める人です。もし精神対話士のクライアントが対話を行うことが難しい人であると分かった場合には、精神科医などと協力して進めていくこともあります。

介護福祉士について

一般的に「ヘルパー」と呼ばれる人々です。身体的・精神的な障害を持つ人々が日常生活を営めるよう、必要なお手伝いをします。仕事の内容は、食事・入浴・排泄・その他の介護と、介護に関する指導です。介護福祉士になるには専門学校で学ぶ方法と、実務を積んだ後に国家試験を受験する方法があります。
精神対話士が主に精神面でのケアを行うのに対し、介護福祉士は生活面における直接的・物理的ケアを中心に行ないます。介護福祉士と精神対話士が同時に同じクライアントに関わることで、きめ細かいケアを行うことができるようになると考えられています。

社会福祉士について

身体的な障害を持つ人、精神的な障害を持つ人、または環境上の理由で日常生活を営むのに差し障りがある人のために、福祉に関する相談に応じる人々です。助言や指導を行ない、場合によっては援助も行います。
社会福祉士になるには、大学などで専門的な知識を学び、さらに国家資格に合格する必要があります。社会福祉士が対象とする人が主に身体的、あるいは精神的障害を持つ人であるのに対し、精神対話士のクライアントになるのは原則として一般的な精神生活を営める人です。また精神対話士が精神的なサポートを行うのに対して、社会福祉士は社会的・経済的面でのサポートを行ないます。